新築のお部屋探しでインターネットで探す方も多いですが、ある物件について複数の不動産会社が広告を打つことがある

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築物件のお部屋探しの第1歩としてインターネットでさがしていく方も多いでしょうが、例えばある一つの物件について複数の不動産会社が広告を打っているときがあります。そして不動産会社によって手数料が違い、メールや電話で問い合わせをした時の対応の丁寧さも重要なポイントです。そして情報を教えず来店を促す定型文を送ってくる業者としっかり答えてくれる業者があります。そしてかならずとは言いませんが、新人の方より30代以上の熟練した方のほうがいろいろ交渉してくれて柔軟かもしれません。そして、はじめて実家を出ての一人暮らしのとき、あこがれもあって、オートロックがいい、〜にすみたい、お風呂とトイレは別がいいなどと夢が膨らみます。

ですがよく考えてみましょう何が必要かといったことを。せっかくなので、あこがれの町に住んでみたいでしょう。ですが、あなたが憧れるといったことはみんなのあこがれでもあり、当然家賃が高くなります。そして広い方がいい、日当たりがいいほうがいい、バストイレ別がいい、多くの方が望む素敵なお部屋は当然家賃がたかくなり、いろいろな条件がある中、譲れない条件は2つぐらいにして後は譲るといった気持ちを持ちましょう。