新築や賃貸物件には情報誌が欠かせない存在であり、不動産会社などで情報を手に入れられることになっている

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築情報を手に入れることが大事

新築や賃貸といっても快適な部屋を探して行くには手間暇が必要で、今は賃貸物件があふれており、逆にどれにしようか迷ってしまうほどたくさんチョイスがあって困っていないでしょうか。賃貸物件情報誌は地域によって異なり、いわゆる地域版です。それで新しい地域へ引越しをするときは、その地域の駅やコンビニ、不動産会社などで情報誌を手に入れてみることが手っ取り早い方法です。そして、パソコンでの検索は1件ごと、あるいは数件単位でのビューになりますから、時間もかかり、全体的な相場などをつかむとき時間がかかります。そのため、地域ごとの相場や一戸建てやマンション、アパートなど物件の種類による相場を確かめていくために情報誌は欠かせません。

その後自分の中での条件にあった物件にマーカーなどで印をつけて行きます。そして一度目のチェックは値段や部屋数や駅からの距離や地域などで大まかな点を抑えていき、2度目に見返す時にチェックをつけた物件の中でより条件に満たしている物件を絞り込んでいきます。そして、やはり多数の条件を比較して一番きに行ったところを選べるので、情報誌は引越しに欠かせない手段です。そして、不動産屋に何回も出向くより自分で好きな時にじっくり選べるのがうれしいです。

関連情報