新築の一戸建ての間取りは、末永く快適に生活するために、家事の効率が良くなることを第一に考えて決めましょう。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築一戸建ての間取りについて。

新築の一戸建ては、一生そこで生活するつもりで建てます。末永く快適に生活するために、間取りは重要です。主婦にとっては、毎日の家事がスムーズにできて、負担が減ることが理想的です。主婦が家事をしやすいように、家事スペースを作ると効率がよくなります。一番いいのは、キッチンの隣に浴室や洗面のスペースと合わせて、家事室を作り、そこに洗濯機を設置して、物干しのスペースを確保することです。すると、洗濯をして干して、乾いたらたたむという一連の作業が一ヶ所ですることができます。作業台もあれば、そこでアイロンがけもすることができます。

洗濯は面倒な家事の一つです。洗濯をしてベランダや庭に行って干して、乾いたら取り込んで、たたんで収納すると考えると、全て場所がばらばらになるので、無駄に時間と労力がかかります。また、外に干すのは花粉などのアレルギーや、最近とても多い天気の急変を気にしなければなりません。主な家事をするキッチンと家事室が隣り合っていれば、動線が短くなるので、家事の効率がよくなります。水回りに合わせて、家事室を確保するというのは新しい考えです。既存の間取りにとらわれると、見た目や形はいいですが、自分に合っている間取りとは言えません。自分の家庭に合わせて、間取りを考えましょう。