長く住むうちに家族構成やライフスタイルが変わり、理想の新築物件を手に入れるには柔軟に対応できる間取りも大切

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

家族構成などを考えて新築物件を建てること

理想の住まいを考える場合には家族にとっても必要なものを見極め、快適に暮らせることが大事です。暮らし方はそれぞれ家族によって異なります。リビングや各部屋の広さ、キッチンのタイプなど具体的なプランなど、間取りを考えるときこそ家族全員が話し合い5年後、10年後を思い描くことで、暮らしが豊かになるようなプランを考えたいものです。長く住むうちに家族構成やライフスタイルが変わり、部屋の使い方も変わってきます。その為には柔軟に対応できる間取りを考えることです。わが家に合った新築物件を手に入れるには設計者と納得にいくまで打ち合わせを重ね、じっくりよいプランを練っていくことも大切です。

家づくりの予算はとても重要なことですが、いかにシンプルにそぎ落とすかということです、妥協はよくないですが、迷ったときには、その希望をやめるくらいの潔さも必要で、中途半端な空間にならないように、家族にとって本当に大切なものを最大限に生かした家づくりにしたいものです。子供の成長段階に応じてライフスタイルが変化する時期で、やがて子供は成長し、大学進学や就職、結婚などで独立します。部屋の交換や間仕切りが無理なくできるようなプランにしておくことも大事です。

関連情報