新築一戸建てを建てる際は、部屋の間取りと同時に収納も決めると、常に片付いている家にすることができます。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築一戸建ての収納について。

新築一戸建てを建てる際に、間取りと一緒にその部屋の収納について考えることも大切です。家具は部屋を狭くしますし、新築の家に合わせて新たに購入すると、費用がなりかかります。プランを立てる時に、収納についてもはっきりと決めておきましょう。何をしまうか決めると、サイズも決めやすいですし、入居後も片付けやすく、常に整理整頓することができます。例えば掃除機は場所を取りますし、使いたい時にすぐ使える場所に収納したいです。よく見かけるのは、階段下のスペースを有効に利用して、掃除機や日用品のストックを収納に活用する方法です。階段の下であれば、廊下に面しているので、掃除機も出し入れしやすいです。

家族の洋服をきれいに収納するためには、ウォークインクローゼットがいいです。昔ながらの洋服用のたんすは、収納スペースが少なく、衣替えも大変です。ウォークインクローゼットだと、整理整頓しやすく、スペースがあるので、面倒な衣替えをしなくてもよくなります。また、持っている洋服が見やすく、似たような洋服を無駄に買うこともなくなります。片付ける場所が決まっていなかったり、物がありすぎることが散らかった部屋になる原因です。新築を機に、収納スペースを最初から確保しておけば、ずっときれいな散らかることの無い家にすることができます。