新築戸建住宅を購入する際、建売りか注文住宅にするかで迷ったら、それぞれのメリットをよく考慮して決めましょう。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築の戸建て住宅購入の場合に迷う建売りと注文住宅の選択

新築の戸建て住宅を購入する場合によく考えられるケースが建売り住宅を購入すべきか、土地を購入して注文建築にするかというテーマです。確かに価格面だけで見れば、多くの場合は土地購入と注文住宅にするほうが、コストが高い場合がほとんどです。というのも土地に一定の業者のマージンが含まれている上に、注文建築業者のマージンと割高な材料費などがかかるからです。建売りの場合、土地を安くまとめて業者が購入し、ある程度バルクで安く仕入れた部材を使って、一度に似たような仕様の家を数件同じところに建設するため、はるかに安い販売価格がつきやすいという事情があります。

これは同じ予算なら場合によっては建売りのほうが上級レベルの部材が使われるというケースも考えられます。ただ、注文建築には建売りにはない大きなメリットがあります。それは家族構成や施主の好みに合わせた仕様の家が造れるというメリットです。建売りの場合、無駄な部屋というのが出やすい状況が生まれることがあります。造る前に購入者の家族構成などはわかりませんから、想像できそうな使用状況に応じた家を業者の材料費などの都合も加味して造られるのです。

また、注文建築は特定の部屋や空間には好みの高い部材を使用し、残りの部屋は安い部材で済ませるといったメリハリの利いた空間作りが可能なので住み始めてからの満足度が高く、結果として満足度が高いという結果になることもあります。ただ、建売り住宅でも買主の要望にほぼ合致しつつ、価格も安く済むという場合もありますから、これまで挙げた点を踏まえて上手に選びたいものです。