新築分譲マンションや新築一戸建て住宅などを購入するメリットでの金利面でのことや政府の政策などを書いています。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築の住まいと購入のメリット

自宅を購入するのは、誰もが一度は夢を見ることではないかと思いますが、すべての人が購入できるわけではなく、色々な事情で購入できない場合もあります。しかし日本という国の政府の政策としては、国民すべてが衣食住を満足に得られるということが政策ですから、特に日本人の願いが強い持ち家の取得では、低所得者でも取得できるような政策が多く打ち出されています。政府を運営している政治家は選挙によって選ばれますが、金持ちでも低所得でも一票は変わりありません。そのためにもこれからも平等にそのような政策を推し進めていくと思います。今でも住宅ローンでは頭金がなくても低所得でも住宅ローンで家を購入できる人たちも増えている状況です。

また住宅ローンの金利も歴史的な低金利で、将来上がるということを考えた場合には、固定金利でローンを組めば固定金利での歴史的な低い金利で支払い終わるまで、続けることができます。また変動金利ではそれ以上安い金利で借り入れができますから、今は非常に有利な新築の住まいの取得の時代ではないかと思います。最低にあるのならば反転する可能性も高いのではないかと思いますが、そのことを見越しながら自宅の購入を考えるのも良いと思います。