新築分譲マンションや新築一戸建て住宅での災害対策の有利性やメリットなどを、安全の面から書いています。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築の住まいと地震などの対策

日本に住んでいるとどうしても災害対策は欠かせないもので、何も地震だけではなく、最近でも大雨での土砂崩れにより、大きな被害を出したという話題もありました。またまわりがすべて海なので、沖合で地震などがおきても津波の心配もあり、その他色々な災害も起こります。そのような対策を考えると住まいとしては、自分で出来るだけそのような被害が起こらないところに住むということも大切ですが、住まい自体の対策ができているということも大切になります。最近特にその面で進んだ技術としては、地震の対策ではないかと思います。耐震基準の話題が多いですが、更に進んで免震という対策も生まれていて、ますます安全になっています。

そしてそれらを取り入れて建てることができるのが、新築の分譲マンションや新築一戸建てではないかと思います。最先端の耐震や免震技術で、できるだけ費用を安くしながら取得できるようにしているということが、今の新築住宅全般の状況ではないかと思います。また中古住宅になったとしても中身は変わりませんので、免震で建てられていれば、中古住宅の価格で購入もできるということになります。そのように安全面ではやはり新築はメリットが大きいのではないかと思います。

関連情報