新築分譲マンションや新築一戸建て住宅での資産価値から見た今の状況のことなどをいくつか書いてみました。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築分譲マンションや新築一戸建ての資産価値

新築分譲マンションや新築一戸建て住宅では、今までは資産価値という面からするとあまり考えることができず、あくまでの永住ということで考えてきたのではないかと思います。しかし最近では特に都市圏で新築分譲マンションの価格が上がっているということで、特に東京都内や近郊での新築分譲マンションや新築住宅の価格が上がっているということが言われています。普通はそうなると購入者は減るはずですが、反対に増えているということで売り手市場だということが分かります。その傾向はこれからも続くのではないかと思いますが、その予想が正しいのではないかということは、中古マンションの価格にも現れていて、右肩上がりに上がっているそうです。

東京オリンピックもあり、土地の価格や新築分譲マンション自体の建築や設備の良さも評価されていて、長い間住みやすく住めて、価格も上がる可能性が高いということも理由ではないかと思います。そのように新築の住まいの価格から中古の住まいの価格まで値上がり傾向が続いているということは取得する方でも、とても有利ではないかと思います。購入価格があまり下がらないようになる可能性が高いからですが、もちろん立地などを考えて購入すべきですが、それでも有利なことは変わらないと思います。

関連情報