ペットの世話がしやすい新築の家を建てるならば、注文住宅であれば色々なオプションがつけられます。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

ペットの世話のしやすさがアップする新築の工夫

ペットは生き物ですから、毎日食事をして、排泄してといった生活の営みがあります。飼い主はその世話をするのが義務です。一日だけならまだしも、毎日世話をするとなると、世話のしやすい環境というのはとても重要になってきます。その際に、注文住宅で新築の家を建てるのならば、世話のしやすさを考えたオプション設備を導入することも可能です。例えば、バルコニーにウッドデッキなどがあれば、室内ではやりにくい犬のブラッシングなどができます。片付けも楽になりますし、ブラッシング時も広々と使えます。また、ウッドデッキはインテリアとしてもオシャレなので活用の幅は広いです。猫用の設備としては、洗面所や人間のトイレに一緒に設置出来る猫用トイレなどもあります。もし汚れたらすぐに洗えるなどのメリットがあります。

また、もし万が一ペットが介護が必要な状態になってしまったら、そのお世話もしなくてはいけません。人間の介護も大変ですが、ペットの介護もかなり重労働です。大型犬ならばシャンプーなどの時に持ち上げるのは一苦労です。そういう場合に、人間用の洗面所や浴室を使ったペット用のシャンプースペースがあれば、かなり世話の負担を減らせます。シニアペットにも対応出来る新築を建てたいですね。