新築住宅の分野で人気になっているスマートハウスとは、ITを使ってエネルギーを効率良く使えるようにした家です。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築で可能になるスマートハウスとは?

新築住宅にも、スマート化の波が押し寄せているようです。スマートというのは、賢いという意味を持っています。最近ではスマートハウスというのが注目されていますが、これはITを使って家で使うエネルギーを賢く使えるようにした家のことです。つまり、効率良くエネルギーを使える仕組みが整っているという事です。例えば、エネルギー消費を抑える省エネ、エネルギーを創り出す創エネ、エネルギーを蓄える蓄エネ、などがあります。省エネ、創エネ、蓄エネの集中管理を行える家庭用のシステムも開発されています。しかも、スマートハウスの定義としてもう一つ大切なことに、今まで通りの生活スタイルでエネルギーを効率良く使うという課題があります。必死に節制した生活ではなく、不自由を感じることなく使えなければスマートとは言えないわけです。

例えば、省エネでは気密性や断熱性を高めるための設備の導入を行うなどが考えられます。創エネでは、近年話題になっている太陽光発電や家庭用燃料電池、地中熱ヒートポンプの設置などが考えられます。そして、家庭用の蓄電池に創エネで創り出した電気を蓄えておき、家でエネルギーを好きなときに取り出せるようにする蓄エネも近年では開発が進んでいるジャンルです。

関連情報