新築一戸建てに住むのと、新築マンションに住むのはどちらがお金ンお面で優位であると言えるでしょうか。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築一戸建てとマンションのお金について

新築で新しく住宅に暮らす際、マンションと一戸建てならどちらがお得でしょうか。これはあくまでお金の話であって、暮らしやすさなどは二の次です。そうしてお金で考えてみると、一戸建ての方がお得なのではないでしょうか。

物件の管理について考えてみてください。マンションと一戸建てでは、管理を任せる人間が違ってきます。マンションの場合、もちろん自己使用の部分は自分で管理をしなければなりませんが、共用部分の管理については建物のオーナーが基本的には請け負います。しかしながら、その費用負担はマンションの居住者です。いわゆる管理費という形で、オーナーにお金を納めなければなりません。しかも、たとえば建物内の清掃だとか、建物を囲う生垣の剪定だとかはどうしても専門業者に任せがちです。そうなると、なかなかの金額が管理費として引かれることになります。これはマンションの居住者としては大きな出費と言えるでしょう。それに対して、一戸建ては、建物の管理をするのは基本的に自分です。もちろんそれは楽なものではないでしょう。庭があれば庭の手入れをしなければならないでしょうし、生垣の剪定をしなければならないこともあります。それを業者に任せればお金がかかりますが、自分でやることも可能です。そうして労力を払うことを惜しまなければ、一戸建ての方がマンションよりも、お金の面で暮らしやすいということができるのです。