新築住宅を購入するためには、まずは理想を思い描いて、そこから取捨選択した結論を出していくべきです。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築購入のためにはまず理想をイメージする

新築の購入を検討するには、まず自分のライフスタイルを見つめてみることが大切です。新築住宅には主にマンションか一戸建てかの違いがありますが、どちらにするべきかはその人のライフスタイルを考えなければならないのです。

大切なのは、自分が何をいちばん理想としているのかということをはっきりさせることです。新築住宅の購入は、おそらく人生でいちばんと言ってもよいであろう高い買い物です。ですから、なるべく理想に近い住宅に是非とも住みたいはずです。まずはどんな暮らしを目指しているのか、その理想をイメージして、そのあとで理想の中での優先順位を決めて、妥協できるところを模索していくべきでしょう。

たとえば、通勤時間を短くしたいから駅から近くアクセスのよい所に住みたいとします。そういう場合は、やはりマンションを選択するべきでしょう。一戸建てとなると、やはり郊外が中心となってしまいがちです。そうなれば都心へのアクセスもやはりよくなく、通勤には時間がかかってしまうでしょう。それに対してマンションは、都市部に建っていることが多いです。駅近の物件もたくさんありますから、選択の幅も広がります。このように、理想を第一に考えながら選択すると、決断を下しやすいのです。

関連情報