新築購入に際しては、購入時だけでなく、購入後にもお金がかかります。それぞれどんなものがあるかまとめてみました。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築購入の諸費用にはどんなものがあるのか

新築住宅の購入には大きなお金が動きます。それは購入時だけでなく、購入した後にも続くのです。まず購入時のお金の動きを整理しておきましょう。住宅の購入の際には、最初に頭金を支払うのが一般的です。もちろん、頭金は購入価格の全額ではなく、だいたい10パーセントくらいが相場でしょう。残金は購入後のローン返済で月々支払っていくものであり、頭金はその手始めの支払金です。

しかし住宅の購入時には、頭金以外にも支払はねばならないものは意外と多いです。たとえば、不動産会社に対して住宅の購入申し込みをした際に、申込金というのを支払います。契約に至ると、申込金は手付金の一部となり、申込金も手付金も購入代金の一部として扱われます。それから、住宅という不動産を取得するわけですから、不動産の取得に関わる料金を支払わなければなりません。たとえば、不動産取得税などがその類いの料金です。契約時には契約書に貼付する因子にかかる印紙税というものも支払わなければなりません。

それから、ローンの手続きに関わるお金です。ローンの借り入れの際にも、事務手数料や保証料などのお金がかかってきます。こうして住宅が引き渡された後に、ローンの返済をしていくわけです。購入後には、そうしたローン返済だけでなく、固定資産税などの支払いもしなくてはならなくなるでしょう

関連情報