新築購入のためには、遠い将来をも見つめた、計画的かつ実現可能な予算編成をしなければなりません。

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築購入のための予算編成

新築住宅を建てるためには、計画的な予算形成が必要です。いざ新築受託を建てられるだけの資金を集めることができたとしても、その後の生活費用の計算もなしに建築計画を進めては、安心して暮らすことができなくなってしまいます。新築住宅の購入のためには、購入資金だけでなく、入居費用や手元に残しておく予備費用など、ある程度の余裕を持たせておかなければなりません。

毎月のローン返済をいくらに設定するのかも、新築購入の予算編成には大切な項目です。毎月のローン返済の目安として、年収負担率という数字があります。年収負担率というのは、年間のローン返済額が年収のどれくらいの割合になるのかという数字で、一般的には、この年収負担率というのが年収の25パーセントくらいの割合であると、無理なく返せる金額であると言われています。つまり、年収400万円であれば、毎月のローン返済額は約8.3万円になるということです。大事なのは、無理なく支払いができるということです。毎月のローン返済が大変で汲々としているというのでは、夢のマイホーム生活もかすんでしまうでしょう。ローンだけでなく、そのほかには固定資産税やマンションであれば管理費や修繕積立金というものも、支払いの中に含まれてきます。こうしたものも考えながら、購入の予算を編成するべきなのです。

関連情報