新築物件でリビングの役割を考えた時に常識にとらわれない、我が家に合ったリビングをすることも大切です

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築物件での間取りのプラン

新築住宅での暮らしのイメージをするときに間取りをどのようにするか、家族構成などにもよりますが、家族が集まる場所がリビングであり、起きている間もっとも長く過ごす場所がリビングではないでしょうか。その為にもっとも快適な空間にしたいところです。日当たりや景色もよく風通しの良い場所に配置し、広さをどのくらいにするかを検討することです。勿論プライバシーや騒音なども考慮して、一般的には日当たりを考えて南側に配置するのが多いと思います。リビングの役割を考えた時に常識にとらわれない、我が家に合ったリビングをすることも大切です。例えば夫婦の趣味の部屋で過ごす時間が長ければリビングを小さくしたり、リビングと応接間と兼ねた部屋づくりもいいのではないでしょうか。

限られた面積で間取りを考えると限界がありますが、用途を取り入れて広いリビングにすることは可能です。客間と和室と隣接させて引き戸を開けることでつなげるなど、他の用途の部屋と一体化することで、広い空間の部屋にできます。工夫すればデッキや吹き抜けを取り入れて縦に空間の広がりを作ることもできます。又、北側に公園があった為に窓越しに緑豊かな自然の景色を眺める為に北側にリビングを作るという方法もあります。