新築一戸建て住宅の決済は売主業者や買主などが集まるほか、金融担当者も何度か出入りすることになる

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築一戸建て住宅の決済で

決済は住宅ローンを借りる金融機関の店舗内でお部屋を借りて行われることが多く、そうではない時でも平日の昼間に行っていくことが原則で、決済前には司法書士が登記内容の再確認をしていくほか、手堅い不動産業者は物件の現地に異常がないかどうかを確認するなど、それぞれの立場で朝からあわただしく動きます。そして新築一戸建て住宅の決済は売主業者、媒介業者、買主、司法書士が集まるほかに、金融機関の担当者も融資事項手続きのためなんどかでいりすることになります。

そして契約に基づく残余金の支払い、各種の威参院や負担金の支払い、そして媒介業者に対する手数料の支払なども行われます。その一方司法書士に対しては建物に関する所有権の移転登記、住宅ローンの借り入れに伴う抵当権の設定登記の手続きを依頼します。そして、登記費用は、新築分譲マンションの時は事前の振り込みを指示されるケースも多いですが、新築一戸建て住宅には決済の場で現金で支払うことが多いです。ですが、同時に決済をする棟数の多い大規模自分嬢であればその限りではないです。そして建物の設計図書や関係書類一式などもこのときに買主へ引き渡されて、最後に新居の鍵全部を受取決済が終わります。

関連情報