新築は現地見学をしっかりしてみて、利便性などの周辺環境がどうなっているのかを見ておくことが大事

住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性
What's New
住まいを新築住宅からリサイクルした空き家へ意識転換の必要性

新築の周辺環境について

不動産広告を見て、気に入った新築物件があれば現地に行って広告などの情報のみではわからないことを詳しく調べてみましょう。そして現地見学でしっかり確認しておきたいことが、利便性や快適性などの周辺環境です。駅までのアクセスや公共施設や利便施設などの有無はもちろん、広い空地などの有無を自分の目で確認しておくことが大事です。そして広い空地があるときは、大規模な建物が建築されることで環境が一変する可能性があります。そして建築予定建物を知らせる看板が設置されているときもありますから確認しましょう。

そして時間帯や曜日を変えて、周辺環境を調べておくことも大事で、昼と夜、平日と休日では周辺の雰囲気が違うことがあります。そして雨天時には雨水が流れ込む場所や水はけのよい場所などがわかり、購入すれば長くすむことになりますから慎重に確認をしましょう。そして、近年地震被害以外に、水害や地盤の液状化などの災害に対しての関心が高まっていて、建物が頑丈に建てられていても周辺の地盤が軟弱でライフラインが使えないといったこともありますから、購入を検討してるエリアの防災に関しての情報を調べておきましょう。また、周辺環境の確認は、事前に地図で周辺の要素を調べてみれば現地での確認がスムーズに行えます。

関連情報